運動することで痛みやしびれなどの不定愁訴の約75%が改善!
 これは、代表担当の教室データですが、継続教室データでは、身体の痛み、こり、しびれなどの不定愁訴の約74.7%は、適切な運動実施により、改善するという結果が出ています。運動のプログラム内容は、10分程度の有酸素運動と筋トレ、それ以外は徹底的に体をほぐし、ゆるめるストレッチやリラクゼーションです。
 運動することで、体の緊張がほぐれ、血液循環が良くなり、体温が定常的に上がることが痛みやしびれが軽減する機序だと推察されます。痛みを感じないように、無理なく運動することがポイントです。

↑上の画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
  
運動療法情報ファイル
保健指導の求人情報