腰痛解消ストレッチ
 腰痛の発症原因は、同一姿勢の長時間持続による不活動で、腰部、骨盤周辺部、大腿裏部にかけての体の裏側の筋や腱、結合組織が硬化して、慢性的血行不良状態になることと、体の中心となる「要」の腰を支える、腹筋、背筋の筋力低下がほとんどだといえます。ぜひ、毎日最低1回は行うようにしましょう!

①片脚抱え込み3方向股関節ストレッチ(左右)
●両手で片膝を抱え込み、次に、その脚を外側に開いて倒し、続けて。開いた脚を元に戻して、反対側の手に持ち替え、さらに反対方向に倒します。

②脚裏ストレッチ(左右)
●片脚を前に伸ばし、踵をついてつま先をピント上に伸ばします。そのまま上体をまっすぐに伸ばしたまま前屈し、お尻から脚の裏側の筋をのばします。

③腰ひねりストレッチ(左右)
●膝を組み、上に組んだ脚の方に上体をゆっくり捻ります。背もたれを使って、より大きく捻りましょう。

④横向き大腰筋ストレッチ(左右)
●横向きになり、イスの座面前半分に座り、前後に大きく脚を開き、そけい部を伸ばす感じで伸ばし、さらに上体を捻り、背もたれを持ちます。

⑤チューブ腰回し
●腰骨の辺りにゴムチューブをきつく巻き、締め付け、その状態で腰を大きく回します。後ろに回す時に、お尻を突き出すようにするのがポイント。左右30回程行います。
  
運動療法情報ファイル
保健指導の求人情報