アイコン
骨盤の前後の傾きをチェック&矯正
・閉眼歩行チェック
・矯正!骨盤調整エクササイズ
閉眼歩行チェック
  • 床にテープなどで目印をつけ、その上に立ちます。
  • 目をつぶって、足踏みを50回行います。
  • 終わったら、目を開けて、最初の位置からどっちの方向にどれだけ移動したかを確認します。
  • 前方向に移動した人は骨盤が前傾、後ろ方向に移動した人は骨盤が後傾しているものと推定されます。また、その方向と距離で、ねじれや傾き、そしてその度合いも推定することができます。
  • ※障害物がない、広い、安全な場所で行いましょう。
矯正!骨盤調整エクササイズ
  • 閉眼歩行チェックで前に進んだ人は、骨盤が前傾していると考えられますので、日常でまめに、前に腰を突き出すようなストレッチを行い、調整するように心がけましょう。
  • 閉眼歩行チェックで後に進んだ人は、骨盤が後傾していると考えられますので、日常でまめに、腰を後に突き出すようなストレッチを行い、調整するように心がけましょう。
  • ※仰向けに寝た状態で、両膝を立て、骨盤前傾の人は、尾てい骨を持ち上げるようにお尻を上げる体操、骨盤前傾の人は、尾てい骨を床に押し付けるような体操をすることも効果的です。
  
運動療法情報ファイル
保健指導の求人情報