アイコン
有酸素運動(ウォーキング)
・有酸素運動
・ウォーキングのポイント
・運動強度の設定の仕方と測り方
運動強度の設定の仕方と測り方
 有酸素運動の運動強度の指標としては、「脈拍数(心拍数)」と「RPE(自覚的運動強度)」が用いられています。心拍数の場合、最大心拍数は体力のありなしに関わらず、(220-年齢)で求めることができ、その何%にあたる心拍数であるかで判定できます。また、「RPE(自覚的運動強度)」は自身で感じる有酸素運動時に感じる、「楽さ」や「きつさ」を指標としています。
 以下を参照に、ダイエットに効果的な「運動強度」を把握しておきましょう!

■脈拍数(心拍数)で運動強度を設定する方法と測定方法
運動強度の設定の仕方と測り方

■RPE(自覚的運動強度)と心拍数との相対関係
主観的運動強度 Ratings of perceived exertion (RPE).
最もダイエットに効果的な主観的運動強度は「やや楽」〜「ややきつい」と感じる、40〜60%の強さ

自覚運動強度(RPE)の目安
  
運動療法情報ファイル
保健指導の求人情報